Audi 大型2ドアクーペ 『プロローグ』 初公開

s-top

ドイツの高級車メーカー、アウディは11月18日(日本時間11月19日)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー14において、コンセプトカーの『プロローグ』を初公開した。
このコンセプトカーは、アウディの次世代デザインを提示した1台。

ボディサイズ
全長 5100mm
全幅 1950mm
全高 1390mm
ホイールベース2940mm



A8よりは、全長が短く、全高が低いですね。

駆動方式 フルタイム4WDのクワトロ
プロローグは0-100km/h加速3.7秒

アウディのフルタイム4WD、クアトロといえば、34年間進化し続けてきました。
2011年から2013年までの2年間A8、4.2Lを所有していました。
当時観た映画、『トランスポーター2』の中でジェイソン・ステイサムが乗っているのを見て一目ぼれし、同モデルを即購入しました(笑)
その他、メルセデスW221S600、BMW7シリーズ両メーカー、フラッグシップサルーンを乗ってきましたが、アウディの走行性能は他ドイツ車の中でも群を抜いて素晴らしい走りです。
“はしる”“曲がる”“止まる”といったくるまの基本的な走行性はもちろんのこと、高速走行では全天候に対して安全、安心な性能を発揮してくれます。
200km/hで走行していても後席と普通の声で会話が出来ました。

この『プロローグ』さすがに高そうですが乗ってみたいですね。

【最後にmasa’ トークです】

こちらのAudi大型セダンの2ドアクーペで乗り降りもベンツのCクーペや、BMW6シリーズクーペよりはしやすそうですね!
走行性能も申し分なさそうです!
著者が住む田舎ではなかなか見れそうにありませんね(笑)
関東地方や、関西では近いうち見れるかもしれませんね!

それではまた次回お楽しみに!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ