小保方晴子は病気って本当!?虚言癖ってどういう意味!?姉は双子で准教授!?

001

独立行政法人理化学研究所の研究員で、2014年1月末STAP細胞の研究を発表し、一躍時のひととなったが、その後、研究不正を行っていたと疑われるようにな今月15日、21日付けで辞職届を出したのが

小保方晴子です。




STAP細胞については200回以上も成功したと発表しており、その根拠は何だったのでしょうか?


スポンサードリンク




プロフィール

生年月日 1983年6月29日
出身地 千葉県松戸市
最終学歴 2008年3月
早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻修士課程を修了

Feペディアより引用

STAP細胞とは!?

世間でかなり騒がれた「STAP細胞」とは何なのか?今更ですが、いまいち分からなかったので調べてみました。

詳しくは分からなかったのですが、簡単に言うと、IPS細胞以上に万能細胞を効率よく作成できる事が特徴だそうです。
IPS細胞があれば人間の体に必要な臓器を人工的に作れるということらしいです。

肝不全、腎不全、心不全などの病気になったらその臓器は使えなくなってしまいます。

今の医療技術で臓器移植という方法がありますが、その臓器はいつでも今すぐに入手可能なものではありません。

しかし、IPS細胞は人工的に臓器を作り出し、不全となった臓器の代替を行う事が出来るため、今後の医療での実用化に向けて研究が進んでいるようです。

そして、STAP細胞はそのIPS細胞以上よりもさらに速いスピードで作製出来ると言われています。

臓器移植というのは身体に拒絶反応が出てしまったりして危ないので、自分の細胞で作る臓器であればこういった問題はなくなります。

これが本当に実現出来ていれば、人類の歴史の残る世紀の大発見になるところだったのですが、本当に残念です。


スポンサードリンク




夢の万能細胞として大々的に発表されたSTAP細胞ですが、検証実験では作成出来ませんでした。
精神科いわく、「小保方晴子氏は 『空想虚言症』ではないか」 との見方が強まっています。

「空想虚言症」は病気というよりは、むしろ癖というか性格傾向であって、自分を実際以上に大きく見せかけて注目や称賛を浴びたい、つまり自己顕示欲の強いタイプに多いそうです。
現実と空想が分からなくなるのでしょう。

これを前提に考えると、

「STAP細胞はあります」
「200回以上作製に成功している」

などと主張しながら、明白な証拠等の提出もしなかったのも分かりますね。

いつかひとは「STAP細胞」を実現させるのでしょうか?

夢で終わるのか、現実になるのかは誰にも分かりませんが、近い将来医療技術も進歩し、実現させる日がくることを願いたいですね。

最後にmasa’s トークです】

小保方春子を最初に見たのは「STAP細胞」に成功したというニュースでした。
それから二転三転本当は成功してなかったんですよね!
信じて待っとったひとはやれんですよね!「時間を返せ!」と言いたいくらいです!
芸能界に入るという噂もありますからそうなったらどんな顔して出るのか見ものですね!(笑)
「STAP細胞」
いつか本当に開発されれば良いですね!

それではまた次回お楽しみに!


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ