北川景子のメイクのやり方は!?奥二重でもOK!?トルコのイスタンブールでドキュメンタリー!

m_kitagawa20cm1

高校2年生の時に神戸のモデル事務所、「ノイエ」にスカウトされたことで芸能界に入りました。
「ミスSEVENTEEN」のモデルをしていたこともありますね。
ドラマ「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」ではヒロイン役をつとめ一躍人気になりました。

ドラマでの共演などがきっかけで多くの俳優と熱愛疑惑がありましたが、今現在タレントのDAIGOと付き合っているのが北川景子です。

以前はとんねるずの番組などで「食べ方が汚い」ということも言われていましたが、世の女性からはなりたい顔ランキングで1位を獲得するくらい人気がありますね。


スポンサードリンク




プロフィール

生年月日 1986年8月22日
血液型 O型
身長 160cm
出身地 兵庫県神戸市中央区
所属事務所 スターダストプロモーション

Feペディアより引用

北川景子のメイクのやり方は!?

昨年2014年11月14日ORICON STYLEで恒例の

「第8回 女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」

日々「美」を追求する女性10代~40代が選んだあこがれの女性、1位に選ばれた北川景子。
第7回でも首位を獲得し、その美貌は世の女性達の理想と言っても良いくらいですね。

30代の女性からは

「パーツ全部が綺麗で、知的な感じと清潔感を兼ね揃えているから」
「飾らなくてもすごく綺麗で、あの顔に生まれ変われたら何でもする」

10代20代の女性からは顔だけではなく

「きれいでクール!クールビューティーな女になりたい」

など、理想の大人の女性!といったイメージもあるようですね。
そして、

「やっぱり、美人はみんな二重かー(>_<)」 と思ったあなたは大間違いです。一重、奥二重の人でもぱっちり瞳になれます。
一重、奥二重の人の瞳を可愛く見せる技を調べてみました。
といっても著者は男ですので、そっちの気があるわけではありません!女性大好きです(笑)

話が逸れましたが・・・

絶対押さえておきたいポイント

を調べました。

奥二重でもOK!?

1.暖色系のアイシャドウは避ける

使いやすいブラウンの場合、赤みの弱いブラウンがオススメ。
パールや光沢感のあるものより、マットタイプを選ぶ。ピンクやオレンジ系は避ける方が無難。

2.アイシャドウで擬似二重を作る

自然なグラデーションを作るためにするのではなく、擬似二重を作るイメージ。
同色系の薄い色をアイホール全体に塗る。次に同色系の濃い色で目を開けて二重のラインを作るように一度ライン決め。
目のきわからアイシャドウをのせていく。
擬似二重のラインが決まったらめん棒でラインを自然にぼかす。
最後に一番濃い色で目のキワをなぞるように色をのせる。

3.アイラインは目尻を長めに引く

※ 目を開けるとラインが隠れてしまいそうといって太く引くのは不自然。
インラインでまつげの間をしっかり埋め、細く描いて目尻を長めにかくのがポイント。
太さがほしい人はブラウンのアイライナーを使う。

4.自然な上向きまつげをつくる

一重、奥二重の人は目の縦幅を拡大するためにまつげが重要。
最初にしっかりビューラーでくせづけして、ロングタイプのマスカラで仕上げる。
さらにホットビューラーで仕上げる。

が基本だそうです。
あとは、黒目を大きくするために黒目拡大コンタクトをしたり、目のむくみをとるためにリンパマッサージをしたり、つけまつげをしたりすると更に効果的らしいです。

長くなりましたが是非試してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク




トルコのイスタンブールでドキュメンタリー!

昨年2014年12月30日、北川景子が初めてトルコ、ユネスコ世界文化遺産に登録された、イスタンブールを訪れました。

B6DnxDaCIAAz8vM

01118

撮影初日はタクシム広場の街を歩くシーンから始まりましたね。

なんでも4Kのカメラでの撮影に興味津津だったようですね。

トルコのチャイを飲んだり宮殿跡地にも行ってました。
中でも「アヤソフィア大聖堂」では何枚も写真を撮ったのだとか。
確かに綺麗ですし映画にもよく使われるらしいですね。

lrg_10732285

トルコにある博物館なのですが、内装もすごいですし、天井も高く開放感があります。

ドキュメンタリー番組だったので苦手な歴史の勉強を頑張ったらしいです。
さすが大女優ですね!
こういうドキュメンタリー番組は普段ドラマやバラエティとは違った一面が見れて良いですね♫

DAIGOとの関係の進展も気になりますね。

ざわちんがオフィシャルブログで、北川景子のメイク方法をアップしています。
北川景子さん風 ものまねメイク法


スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ